スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのファイナルファンタジー

言うまでもないが、僕は世間でいうマカーというものであり、
アポー信者である。
どのくらいかというと、正直なところAppleのすばらしさはIBMコアのPCであると思っているし
iPodがどれだけ売れようがそれがAppleのメイン商品だと思われるだけで腹がたつ。

今日はそんなお話。
あれは僕がまだSEになるずっとずっと前のお話。
時は1997年 僕が小学生のとき。

ある友人の家に遊びに行くと、そこの家は親父さんが当時では珍しいパソコンをもっている家だった。
それを見てからの僕というもの、なんでかしらないけどパソコンがほしかった。

その思いがあり、小5のときについにその友達にいう。
俺もおまえんとこみたいなパソコンがほしい。中古でいいから選んでほしい。
当時はインターネットがダイアルアップで一時間あたり240円の世界。
無論ネット通販なんて存在しない。
パソコン初心者の俺、WindowsとかMacとか知らない。
あったのは親父の書院だけ。

そう、もちろん彼が進めたのはMac。
当時iMacといえば、メディア媒体はフロッピー CPUなんて650Mhz
メモリにいたっては増設して96M。

それから少年はAppleの虜になっていく。
それから十数年の歳月が流れ、現代。
少年はSEになって、ボーナスを手にする。
僕は考えた。 大人になったらずっとほしいと思っていたもの・・・
あったなぁ、MacBookPro
27万の化け物。
27万円ものパソコンを買って、自分になにが出来るか。 何も出来ない。
プログラムしか組めない。 でもこれが僕の生きる道なんだと。
気づいたら入金をしていた。


僕はこの道に進めてくれた小学校以来の親友に
電話をしてみた。

彼はまだ大学生、それも貧乏学生だ。
多分これを報告したら怒るだろうな、そう思っているうちに電話にでた。
「もしもし」
彼の声だった。


僕は言った。
すまないと、せっかく君に導いてくれた世界なのに君よりも早く頂上を見ることになってしまったと。

正直申し訳なかった、本当に。
でも彼は僕に言ってくれた。
「おまえが辛い仕事してるのはわかってる。買えよPro かっちまえよSEだろ」

そのときばかりは、きっとこいつとは将来付き合っていくんだろうなって予感がした。
くしくもその日はFF13が発売した日。
彼は続けてこういった。
「おまえのファイナルファンタジー(最後の物語)はPS3じゃない。Macだろ」と。

僕は決めた。
今回のMacのアカウントネームは13でいこうと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同じマカーとして痺れました。
MacBookほしいですなぁ。iBookでも十分すぎる。
Safariの立ち上げとか15秒→1秒になりそうw
30万円としても36ヶ月使えば1万/月。
使い倒して元取ればよしです^^

No title

一年目で大体社会人になったらほしいものっていうのを
手に入れたつもりなので、
今後は細々とうまい飯でも食いながら貯金しようと思います。

やっぱどこまでもいっても自分はマカーみたいです。
プロフィール

siosaisan

Author:siosaisan
US-Westでゲームしてます。
Username: siosai Clan:Sore
ATG yaranaika.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。